治験の情報が満載!

治験アルバイトで大変なこと

治験アルバイトで大変なこと 治験アルバイトは、原則一定期間検査施設に閉じ込められて安静にしている必要があります。
検査のために定期的に血を抜かれるなどはありますが、それ以外は暇な時間がありそれが大変です。
「そんなこと全然大変じゃない」と思うかもしれませんが、仕事で行っていていつもと違う所にいるので精神的苦痛は相当なものになります。
原則お酒も飲めませんし、タバコも吸うことはできません。
食事も施設で出されもの以外は口にできません。
激しい運動もすることも禁止されています。
自分が行った検査結果により病気などで苦しんでいる人達のためになると思うと、鼓動が激しくなる人もいるかもしれません。
検査期間も一日で終わるものもあれば、長い場合は1か月以上になるものもあります。
なお、他の治験参加者と集団行動することになりますが、一緒になった人が嫌な人だった場合、さらに苦痛がましてしまうこともあるでしょう。
暇なので、他のことで気を散らすことができにくいです。

初めての治験のアルバイトは不安が付きもの

初めての治験のアルバイトは不安が付きもの 数日だけ拘束されるだけで普通よりも高収入を得ることかできるため何の苦労もなくお金が手に入ると、大学生やフリーターなどでアルバイト感覚で治験を受ける方も多いのですが、いざ治験を引き受けると不安は付き物です。
薬などの調査をしたり、治療に役立てるための治験というのが多い訳ですから、体に害がないだろうか体調が悪くなってしまったりした場合はどうするのだろうかと、不安になるのも当たり前です。
しかし、治験に用いられる薬や治療は何度もマウスなどの動物実験を重ねて、人間には害がないと証明されたものであるため、痒みが出たりというような軽い副作用もあるかもしれませんが、体に害を残すような薬などを使用することはありませんので健康に害が起きるようなことはまずありませんし、一日に何度も血圧などを測定してたり血液検査も受けられますので、異常があるとすぐに分かります。
医療が完備されている環境で毎日検査を受けることも仕事であるのです。

新着情報

◎2019/5/30

治験モニターの登録サイト
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

途中でやめることは可能?
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

サイト公開しました

「治験 不安」
に関連するツイート
Twitter